用語集

損益分岐点(そんえきぶんきてん)

損益分岐点とは、収支トントンになる分かれ目をいい、例えば「損益分岐点売上」はこれ以上売れば利益が出始める分かれ目となる売上額のことである。通常、利益率が高ければ少額売上でも一定利益が確保できるため、初期費用(固定費)の大小と利益率の高低により損益分岐点は変動する。