用語集

銀行対応(ぎんこうたいおう)

銀行対応とは、経営に必要な資金調達やその返済をしていく中で、定期的に相手先金融機関の担当者と事業状況について報告するなどの行為をいう。

一方、経営戦略として行う銀行対応では、「長期的な企業成長と継続」のために複数の金融機関と情報交換を行い、また、事業決済口座の開設や資金調達等を通じ取引実績による与信構築を行っていくことがあげられる。メリットとして、金融機関の持つ情報や取引先・ネットワークを活用したり、また、状況変化による資金需要の際も普段の情報交換により状況把握がスムーズとなる。計画立てて調達も可能である。

なにより「困った時の相談では遅かった…」が防げるような良好な銀行関係を築くことは大きなメリットである。